プロフィール

髙山 透(こうやま とおる)

■ 1966年 埼玉生まれ
■ 1986年 日本写真学園卒業
■ 1986年 淺岡敬史氏に師事
■ 1989年 イギリスに1年間滞在
■ 1990年 帰国後フリーランス

■ 現在 東京都新宿区在住

撮影実績

 

下記4枚は、インタビューカットの見本です。

雑誌やWebメディア、企業のインタビュー撮影承ります。

ご興味がある方は、 「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

 

高山 透について
翔泳社が運営するマーケター向け専門メディア。MarkeZineはデジタルを中心とした広告・マーケティングに関する情報を多角的な視点で毎日提供します。
【ベネッセコーポレーション様事例】「起承転結よりユーザーインサイト」で検索流入6倍!『いぬのきもち・ねこのきもちWEB MAGAZINE』でSEOに挑戦した雑誌編集者たちの覚悟 | ミエルカブログ -SEO&コンテンツ作成ツール-MIERUCA(ミエルカ) コンテンツマーケティング・オウンドメディア集客なら
紙メディアの記事をそのままWebに投稿しても、検索にヒットせず、読まれない…。ベネッセコーポレーション様の人気ペットメディア『いぬのきもち』『ねこのきもち』も、2017年にWEB MAGAZINEを立ち上げ、その壁にぶつかりました。 Web編集室の持田武資氏、有田千歳氏、大沢恭子氏は、基礎からコンテンツマーケティングを...
岡島義が探る「スリープテック」の近未来
スリープテックの研究・開発の動向を、睡眠の認知行動療法の権威である東京家政大学の岡島義准教授をガイドに、わかりやすく紹介していく。
NTTコムウェア C+ | 賢いはたらき方のススメ 光石研さん(俳優)名バイプレイヤー、求められる存在になる自然体の秘訣
ドラマや映画に欠かせない名脇役として『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』でも重要な役を担う俳優の光石研さん。厳しい世界で長年にわたり活躍し続け、求められる存在となる、自然体を貫くはたらき方の秘訣について伺った。
NTTコムウェア C+ | 賢いはたらき方のススメ 小宮山悟さん まわり道しても苦しんだ分だけ喜びは大きい。その経験が力になる
賢いはたらき方のススメ「投げる精密機械」と称されるほど抜群のコントロール力を誇る投手として、プロ野球界で長く活躍した小宮山悟さん。常に挑戦し続け、球界屈指の頭脳派としても知られる存在だ。 COMWARE PLUS
NTTコムウェア C+ | 賢いはたらき方のススメ 原夏代さん インクルーシブな職場環境が個性を活かす、D&Iリーダーの歩み
賢いはたらき方のススメ D&Iリーダーとして、ダイバーシティ&インクルージョンを推進する大きなミッションに取り組むデロイト トーマツ グループのパートナーの原 夏代さん。最終的な着地点は「多様性を力に変えてプロフェッショナルとして切磋琢磨していける未来」だという。リーダーとして考える日本でのD&Iの理想形、多様性を自身...
NTTコムウェア C+ | 賢いはたらき方のススメ 銅冶勇人さん NPOと株式会社を連携。現地に根づいた循環型ビジネスモデルに
賢いはたらき方のススメ アフリカの民族柄のポケットがほどこされたTシャツで知られる、アパレルブランド「CLOUDY(クラウディ)」。代表を務める銅冶勇人さんは、ゴールドマン・サックス証券株式会社(以下、ゴールドマン・サックス証券)を辞めて独立した異色の人物だ。ビジネス成功の秘訣は、“ものさし”を一緒に作ること。銅冶流の...
クリエイティブに必要なのは、科学と覚悟
 セプテーニでデジタル広告クリエイティブの制作に携わりながら、企業のブランドアイデンティティの共創に取り組むグループ会社「サインコサイン」を立ち上げた加来幸樹氏。異色のキャリアを持つ同氏から、デジタルクリエイティブとブランドアイデンティティを発想する上で大事な観点を探った。
コロナによるユーザーの心変わりに気づけているか?サイト内アンケートとGA連携でインサイトを把握しよう
 今、広告業界ではサードパーティCookie依存からの脱却が話題となっている。解決策として様々な手段が模索されるようになっているが、その中で一つの手段として注目を集めているのが、ユーザーボイス分析の活用だ。「行動」と「意識」の両軸でユーザーを見ていくことで、“売る仕組み”を構築できると語るLifunext代表の田村一将...
地道な地上戦と周囲の巻き込みで満員達成!Bリーグ「茨城ロボッツ」のマーケティング戦略に迫る
 プラスクラスの平地氏とともに、スポーツ業界のマーケティングの現状と課題、今後について探る本連載。今回は、スポーツ総合サイト「スポーツナビ」が主催する「スポーツPRカンファレンス」にて優秀賞を受賞した、Bリーグクラブの茨城ロボッツにインタビュー。同クラブが新ホームアリーナオープンに合わせて行った、地道だが効果的な地域に...
熱量あるイベントはどう作る?「Bigbeat LIVE」「CX DIVE」の舞台裏
 3月10・11日、ライブ配信形式で開催された「MarkeZine Day 2020 Spring」。様々なセッションが配信されるなか、「BtoB人気イベントの立役者が集結!イベントマーケティングを成功に導くポイントとは?」と題されたセッションには、「Bigbeat LIVE」や「CX DIVE」といった人気BtoBイ...
想定以上のリーチを獲得!JALが語る、「Instagram×スポーツ」の効果
 昨今、スポーツ×マーケティングに可能性を感じている企業による取り組みが活発になっている。本記事では、様々なスポーツ団体、アスリートのスポンサーとなっている日本航空とラグビー日本代表によるキャンペーン、その中で活用したInstagramの施策について、日本航空宣伝部の渡邉裕紀氏、JALブランドコミュニケーションマーケテ...
博報堂営業から事業会社のCMO→COOに転身!谷口さんがキャリア形成で大事にしていること
 本連載では、広告・マーケティング業界に特化した転職、副業、就活のキャリアコンサルティングを3,000人以上担当したホールハートの野崎大輔さん(通称:白メガネ)が、同領域で活躍中の業界人のこれまで歩んできたキャリアを深掘りし、人生100年時代におけるキャリア設計のヒントを探ります。今回は、博報堂の営業を経験した後、リユ...
1年半で流入7倍、CV4倍に伸長!『Woman.CHINTAI』が実践したオウンドメディア成長戦略
 「内製化、ペルソナ設定、CV設計という王道を実施」「SEO記事は“役立つもの”、SNS向けの記事は“楽しいもの”」……オウンドメディア運用の体制づくりと数々の工夫により、『Woman.CHINTAI』は短期間で流入・コンバージョン(CV)とも大きく改善したという。3月10日、11日に開催したMarkeZine Day...
記事で最新VRを体験! 共同印刷、OMO時代の到来に向けて打ち出すVRコマースの仕組み
 デジタル化が進行する小売業。「O2O」「オムニチャネル」に続き、中国発の「OMO」という概念に注目が集まっている。MarkeZineが開催した「MarkeZine Day 2020 Spring」はオンラインでの開催となった。この記事では、共同印刷の田邉憲一氏による「OMO時代到来。市場と消費の変化に合わせて進化する...
「データは事実だが、真実ではない」 分析のプロが失敗談を交えて語る、データマーケティングの落とし穴
 デジタルマーケティングはあらゆる情報がデータとして取得できるため、管理画面を見れば何でもわかる気分になる。しかし、マーケターは可視化されたデータだけを見ていれば良いのか。2020年3月10・11日に開催された「MarkeZine Day 2020 Spring」のテーマは「見えないものを視る」。データだけではわからな...
KARTEをハブに店舗&ECのCXを向上 オムニチャネル体制始動3年でEC化率20%のパルの戦略とは
 「見えないものを視る」というテーマで開催されたMarkeZine Day 2020 Spring。ビジネスにおいて必ず存在する“見えないもの”のなかで、経営課題にも挙げられているのが「顧客体験」の向上だ。その顧客体験をリアルタイムに見える化するソリューションとして注目されているのが、プレイドが提供するCX(顧客体験)...
「手口ニュートラル」で欲求を生み出すコミュニケーションを【花王廣澤氏×博報堂ケトル太田氏対談】
 花王のマーケター・廣澤祐氏が、業界で活躍しているキーパーソンと対談する本連載。今回は博報堂ケトルの代表取締役社長共同CEOの太田郁子氏をゲストに迎え、“広告が効きにくくなった”現在求められる企業のコミュニケーションのあり方について考えた。
顧客視点で組織文化を変革 レノボがCX投資に懸ける意図と勝算
 2019年上期の国内PC出荷台数において、トップシェアを誇るレノボ・グループ。レノボ・ジャパンは昨年11月、かねて個人向けPCでは実現していた国内生産を法人向けPCでも本格的に開始した。「日本のビジネスを、Lenovoが加速する。」と銘打ったキャンペーンを展開し、エンドユーザーだけでなく販売代理店からも反響が大きかっ...
マーケティング全体最適を阻むのは経営との「分断」【M-Force西口氏×サイカ平尾氏対談】
 オンラインとオフラインを統合した、全体最適なマーケティング活動の重要性が叫ばれて久しいが、実践できている企業はまだ少ない。本記事では、サイカが提供する広告効果分析ツール「XICA magellan(サイカ マゼラン)」で行うMMM(マーケティング・ミックス・モデリング)をテーマに、サイカの平尾喜昭氏と、顧客起点マーケ...
セイバン×アドエビスが取り組む、オンオフ統合したマーケティングの成功に欠かせない分析とは
 よりよい顧客体験の提供のため、オンラインとオフラインを統合したマーケティング施策が当たり前のものになっているが、はたして効果測定も統合して行えているだろうか。ランドセルメーカーのセイバンでは、現在イルグルムが提供するプロフェッショナルサービスのマス×デジタル統合分析レポートを使って統合分析を行い、マーケティング施策に...
離脱とファン化の分岐点は“顧客応対の質”にある デジタル時代のCXと顧客ロイヤルティ向上の鍵とは
 MarkeZineの「マーケティング最新動向調査2020」によると、「カスタマーエクスペリエンスの向上」を経営課題として取り組む企業が増えている。こうした企業のカスタマーエクスペリエンス向上を、コンタクトセンターという分野から長年支援してきたのがトランスコスモスだ。そんなトランスコスモス 取締役 専務執行役員の松原健...
約80%が「初来店」と回答!東急リバブル×メルカリの新たな来店促進施策に迫る
 東急リバブルは2019年9月より、メルカリと協力して営業店舗のスペースを活用した「メルカリ教室」を実施。参加者アンケートでは83%の方が“初めて来店した”と回答し、新規層の来店促進に繋がった。同施策について、取り組みの背景や詳細、成果について東急リバブルの今井氏に話を聞いた。
「任せて後悔されない人になれ」クラシルのマーケ執行役員、野村さんのキャリアのレシピ
 広告・マーケティング業界に特化した転職、副業、就活のキャリアコンサルティングを3,000人以上担当したホールハートの野崎大輔さん(通称:白メガネ)が、同領域で活躍中の業界人のこれまで歩んできたキャリアを深掘りし、人生100年時代におけるキャリア設計のヒントを探る本連載。今回はレシピ動画サービス「クラシル」を運営するd...
リアル店舗と一体化したオムニチャネル施策を実行 直営サイト売上を4倍にしたパルが目指すCX向上の基盤
 約50に及ぶ、幅広い価格帯・顧客層のファッションブランドを擁するパル。グループ全体で2期連続の過去最高益を達成、そのけん引役となっているのがEC事業だ。ECサイト「PAL CLOSET ONLINE STORE」には、CXプラットフォームの「KARTE」を導入してCX向上を推進。パルが強みとする店舗スタッフの力も活か...
富士通が実践するBtoB事業成長に効くコンテンツマーケティング イントラサイト刷新で営業機動力を強化
 「豊富なマーケティングコンテンツがあるのに、顧客に伝わらない。そもそも自社の営業担当にもコンテンツの存在自体が知られていない」。こんな悩みを抱えていたのは、ICTサービスやシステムイングレーションなど幅広いICTソリューションを提供する富士通だ。動的CMSの「Sitecore Experience Platform(...
理想的な「リアクション」からの逆算で考える モバイルクリエイティブ
 Instagram上で投稿された広告クリエイティブを評価するアワードである「MOBILE CREATIVE AWARD」。今回は同アワードでグランプリを受賞した日本コカ・コーラ社のファンタのキャンペーン「ファンタ坂学園」のクリエイティブディレクターを務めた櫛田直希氏に、モバイル時代に求められるクリエイティブの考え方に...
ヤプリ原田さんに聞く、激務代理店とスタートアップに入り込んだからこそ得たキャリアとは
 広告・マーケティング業界に特化した転職、副業、就活のキャリアコンサルティングを3,000人以上担当したホールハートの野崎大輔さん(通称:白メガネ)が、同領域で活躍中の業界人のこれまで歩んできたキャリアを深掘りし、人生100年時代におけるキャリア設計のヒントを探る本連載。今回はアプリ開発プラットフォームを提供するヤプリ...
ヴォレアス北海道が電子チケット化に全力シフト その先に見据えるマーケティングの展望とは
 北海道旭川市をホームタウンに活動する男子プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」。同チームはplayground協力のもと、電子チケット化を推進しているという。本記事では、両社の代表に電子チケット化を進める理由、そしてヴォレアス北海道がどのようなマーケティングに取り組んでいるのか話を聞いた。

 

タイトルとURLをコピーしました